大阪天満宮の創始(御鎮座)は、平安時代中期にさかのぼります。菅原道真公は、延喜元年(901年1月25日)、政治の上で敵対視されていた藤原時平の策略により昌泰4年(901年)九州太宰府の太宰権帥(だざいごんのそち)に左遷されることになりました。菅公は、摂津中島の大将軍社に参詣した後、太宰府に向いましたが、2年後にわずか59歳でその生涯をとじました。(延喜3年/903年2月25日)その約50年後、天暦3年(949年)のある夜、大将軍社の前に突然七本の松が生え、夜毎にその梢(こずえ)は、金色の霊光を放ったと言われます。この不思議な出来事を聞いた村上天皇は、これを菅公に縁の奇端として、同地に勅命を以て鎮座されました。

大将軍社は、その後摂社として祀られるようになりましたが、大阪天満宮では、現在でも、元日の歳旦祭の前に大将軍社にて「拂暁祭(ふつぎょうさい)」というお祭りを行い、神事の中で「租(そ)」と言ういわゆる借地料をお納めする習わしになっております。大将軍社のいわれや歴史、信仰はここでは控えさせていただきます。

現在のご本殿は、天保14年(1843年)に再建された物です。 この大阪天満宮は、江戸時代の記録に残るだけで七度もの火災に遭い、なかでも大阪市中を焼き尽くした享保9年(1724年)の妙知焼けや、大塩平八郎の乱による天保8年
(1837年)の大火では、全焼致しました。その約6年後に、大阪市中の氏子や崇敬者又献身的な奉仕者によって、現在のご本殿が再建されました。本殿内も他のお社に見られるようなきらびやかさは見られませんが、先の大東亜戦争にも焼けずに残ったのは、氏子の方々が焼ける自分の家を横目に見ながら「天神さんを焼いたらあかん」と守って下さったおかげです。
大将軍社
本殿
ご本殿
現在の本殿は、弘化2年(1845)に再建された物で権現造りです。
幣殿板戸《鷹の図》《麒麟の図》《紅葉》・・津端道彦の筆によるものです。
東西控えの間の板戸・・上田耕冲・耕甫親子の作品です。
梅花殿
  1025年大祭(昭和3年)の記念建造物。
平安朝寝殿造りの賓殿で用材は、伊勢の神宮のご用材を下賜されたものです。
平成11年7月16日登録文化財に指定されております。
襖絵
上段の間 《松島の図》・・津端道彦筆。《広沢の池の図》・・庭山耕園筆
《鷹狩りの図》・・上田耕冲筆。《小朝拜の図》・・原在泉
《若菜摘みの頭》・・原在泉。
中段の間 《雪中松の図》・・上田耕冲筆。《吉野山の図》・・佐久間鉄園筆
《紅白梅の図》・・深田直城筆。《曲水園の図》・・菅楯彦筆
《駒迎えの図》・・磯長長秋筆。《須磨の図》・・伊東紅雲筆
《龍田山の図》・・津端道彦筆。《富士の図》・・津端道彦
下段の間 《田上川の千鳥の図》・・若林探溟筆。《嵐山の図》・・三宅呉暁筆。
《種下しの図》・・三宅呉暁筆。《虫撰の図》・・津端道彦筆。
《七夕の図》・・上田耕輔筆。《夕顔の図》・・巨勢小石筆。
*これらの襖絵は、昭和2年(1927年)1025年祭を機に大阪の画壇の
 そうそうたる方々が揮毫されたものです。
*梅花殿の襖絵は、宝物庫。写しが、天満宮会館〔寿の間〕にあります。
板戸 《雛菊》《秋草》・・津端道彦
《芭蕉の図》・・益頭俊南筆。
衝立 《舞楽》《連山》《駒引》《秋草》・・津端道彦
参集殿
明治43年10月20日、天満宮保勝会によって建設献納されました。
平成11年7月16日登録文化財に指定。
板戸 板戸久保川桃水、上田耕冲、上田耕輔らの筆
床の間
広間 矢野橋村筆
春の間 津端道彦筆。夏の間・・益頭俊南。秋の間・・籾山東州。冬の間・・太田南岳。
境内
臥牛
(がぎゅう)
スエヒロの石牛像・・ビフテキのスエヒロが、昭和15年に開業30周年を迎えるにあたり昭和14年7月に経営者上島歳末氏が奉納。(表門西側)
青銅牛 昭和30年代に、東大阪市の坪庭元治郎氏がが奉納。(駐車場横)
天保の石牛 天保11年(1840年)庚子霜月の奉納。台石に奉納者の名前がずらりと彫り込まれています。(住吉社横祠)
古石牛 白米社裏の昆布商と刻まれた縁がかかった台石の上。
津端道彦
(1868年〜1938年)
明治元年新潟県中魚郡に生まれ上京して南宗画・住吉派・土佐派を学び歴史人物画を得意としました。
文展や日本美術協会で受賞を重ね、しばしば御前揮毫(きごう)宮内省御用画をつとめました。
上田耕冲・耕輔
上田耕輔は、大阪四条流の上田耕冲の長男として万延元年(1860年)に生まれる。
父耕冲から継承した自然写生を重視し四条流本来の「平面で写実的な」作風が見られる一方で
濃厚な色彩で彩られた鮮やで鮮明な作品もあります。
耕輔は、展覧会などを機軸に活動するのではなく、特定の有力な後援者との関係で活躍しました。
耕輔は住友家の第十五代当主吉左衛門との関係が深かったようです。
また、庭山耕園は、耕輔の兄弟弟子になります。
大岡春卜
延宝8年(1680年〜1763年)
大阪生まれ。初め狩野派に入門しましたが、後定まった師をもたず、中国画を研究し一家をなしました。
朝廷より(法橋・法眼)の画師の位を与えられ大阪を代表する狩野派の画人として晩年まで活躍しました。
大川春川、大川春耕斎、江阿弥等の数多くの門人を育てました。
本サイトの記事、写真等を無断で使用することを禁じます。
Copyright (C) 2001 Osaka Temmangu Shrine.